制度がある

マンション

住宅エコポイントとは住宅を新しく建築したりリフォームしたりした際に既定の工事を行うと決められたポイントが付与されるという制度です。付与されたポイントは専用のカタログの中にある商品や工事代金と交換したり寄付したりできるのです。復興支援住宅エコポイントの前に導入されたエコポイント制度では最大30万円分のポイントが付与されました。その後東日本大震災が発生し、復興支援住宅区エコポイントとして復活したのです。 住宅エコポイントの目的は木材資源を適切に使用したり省エネに配慮した商品を使用することなどで環境に配慮した住宅を建築することです。更に住宅業界の発展のためにポイント制度を導入することで住宅の販売を促進するというのも目的でした。

復興支援住宅エコポイントでは住宅エコポイントと同様の目的に加えて東日本大震災の復興も目的とされています。ですから被災地域では最大30万ポイントのポイントが付与されます。一方でそれ以外の地域では最大15万ポイントの付与となります。以前のエコポイントと異なるのは付与されるポイントの半分以上を復興支援商品と交換したり寄付しなければならないというものです。以前のものでは全額を工事代金に充てることができたのです。もちろんこの二つの制度では交換できる商品や内容に違いもあります。最初の住宅エコポイントでは全国で使用できる商業施設のポイントや電車で使用できるポイントなどにも代えることができました。しかし復興支援住宅エコポイントでは選択できる商品に限りがあるのです。